今年も灼熱の特殊建築物調査開始! By M.T.

皆様、こんにちは。
かなり早い夏の開始後、如何お過ごしでしょうか?

大阪・京都周辺は連日36℃以上の酷暑が続いています。
暑くて、暑くて仕方がありません。

そんな季節、この酷い暑さの中で、今年も特殊建築物調査が本格的に動き出しました。
共同住宅、公民館、市役所、学校などの公共施設、福祉施設などそういった建物は3年に1度(建築設備、防火設備は毎年)
定期的に建物の検査をしないといけません。
そのために我がArch-Tliveチームは調査部隊として稼働しております。

 

 

建物の上部ハッチ開け、脚立に上り、屋上に出て、暑いぃι(´Д`υ)~と嘆き・・・

 

防水層などの調査や、

 

外壁タイルの調査、

 

コンクリート躯体部分の調査、

非常照明の点検など、

黙々とこなしております。

黙々とはしておりますが、
心の中ではあついwww、あついwww
と念仏を唱えてはおりますけどね(;^_^A

とは言え、毎日動いていく分だけ、体も軽快になりますので、
しばらくの酷暑に耐えながら、頑張ってまいりますよ(⌒∇⌒)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください