プレゼンテーション・ボード

Arch-Tlive(アークトライブ)の堀川です。

我がArch-Tliveでは建築のプレゼンテーション業務のお手伝いをひとつの柱として行っています。

某学生寮のイメージデザインを伝えるプレゼンテーション・ボードを作成しましたのでご覧ください。

プレゼンテーションボード

このプレゼンテーション・ボードは全てAutoCADで作成しています。

AutoCADの作図やレンダリングは手慣れてきましたが、近年、目が離せないソフトがあります。

それはBIMです。

『AutoCADで培ってきたノウハウをBIMに活かせるはずだ!』

という信念(誤解?)を基に、オートデスク社が販売しているBIMソフト、Revitを導入しました。

去年の秋から実践に向けて勉強してきましたが、このほどようやく実践業務の活用へとこぎつけました。

次回のブログでは、その悪戦苦闘したレポートをお届けしたいと思います。

どうぞ、ご期待ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください