「建築」カテゴリーアーカイブ

手書き風画像変換アプリにはまる!    by H.H.

 

Arch-Tlive(アークトライブ)の堀川です。

 

ブログ更新は、なかなか煩わしいものですね。(←冒頭、いつも言っているような。。。)

書くネタはあるにはあるが、どう書けばいいか悩みます。

悩んでいるうちに、気がついたら旬な時期を逸してしまいます。

 

今日は久々の投稿ですが、ちょっと面白いアプリにはまっていますので、ご紹介いたします。

 

アプリの名前は、『Olli by Tinrocket』←なんて読むんでしょうね。

スマホで撮った写真を瞬間に手書き風イメージ画像に加工する優れものです。

サクッと瞬時に加工してくれるので、twitterやfacebookなどの投稿に顔とか加工してアップしたいときに最適ですね。

 

まずは、そのレタッチ加工例をご紹介しましょう。

元の写真がこれ↓

 

このスマホで撮った風景を、『Olli by Tinrocket』にある好きなスタイルを選べば瞬時にプレビュー表示してくれます。

気に入れば保存します。

 

このソフトは、カメラをプレビューしながら撮ることができる点が面白いです。

スマホの画面を見ながら、スタイルを切替えて気に入った画像で写真を撮ることができます。

 

 

実は、この参考事例の写真、ネスタリゾート神戸という場所なんです。

いつも仕事と遊びでご一緒させてもらっている仲間と1泊で行ってきました。

今、人気のグランピング・ゾーンで肉とワインをたらふく頂いてきました。

この場をお借りして、お誘いくださったY様、どうもありがとうございました。

 

スナップショットも生写真そのままで、facebookにアップし辛いときは、このソフトで加工してからアップすれば安心です。

 

 

生写真より楽しい感じが伝わってくるような気がします。

 

そして、このソフトの最大のワクワクポイントが、建築パースでの活用です。

 

1個だけ試してみました。

AutoCADの元々のレンダリング画像がこれ↓

 

その画像を『Olli by Tinrocket』で加工してみた画像が↓

モノトーンのスタイルではこうなります。↓

 

好みは人それぞれにあると思いますが、試してみる価値はありそうです。

 

ちなみにこのアプリ、¥240円です。

そして、言語は日本語ではありません。

でも、見た目で分かりますので、最初、ちょっと戸惑いますが、慣れたら楽しく遊び感覚で使えます。

是非、試してくださいね。

今年も灼熱の特殊建築物調査開始! By M.T.

皆様、こんにちは。
かなり早い夏の開始後、如何お過ごしでしょうか?

大阪・京都周辺は連日36℃以上の酷暑が続いています。
暑くて、暑くて仕方がありません。

そんな季節、この酷い暑さの中で、今年も特殊建築物調査が本格的に動き出しました。
共同住宅、公民館、市役所、学校などの公共施設、福祉施設などそういった建物は3年に1度(建築設備、防火設備は毎年)
定期的に建物の検査をしないといけません。
そのために我がArch-Tliveチームは調査部隊として稼働しております。

 

 

建物の上部ハッチ開け、脚立に上り、屋上に出て、暑いぃι(´Д`υ)~と嘆き・・・

 

防水層などの調査や、

 

外壁タイルの調査、

 

コンクリート躯体部分の調査、

非常照明の点検など、

黙々とこなしております。

黙々とはしておりますが、
心の中ではあついwww、あついwww
と念仏を唱えてはおりますけどね(;^_^A

とは言え、毎日動いていく分だけ、体も軽快になりますので、
しばらくの酷暑に耐えながら、頑張ってまいりますよ(⌒∇⌒)

恒例?のCGパースと実写比較! By H.H.

Arch-Tlive(アークトライブ)の堀川です。

 

ブログがなかなか更新できない毎日ですが、今週末も納期が控えており悠長に更新できないところ、ちょっとだけムリ繰り更新しておきます。

ブログは、それなりにテキストを書かないといけないという切迫感もあり、ある程度の時間を確保しないと、ブログの読者に伝えることが難しいものです。

ところが、画像は見た目で一発で伝わるので、こういう時に助かりますね。(汗)

 

2年ほど前に作成したCGパース物件が竣工していたので、たまたまストリートビューで訪れてみると内・外観写真が数点アップされていました。

 

その中でCGを作成したリビング付近のCG画像とストリートビューの画像をお届けしましょう。

まずは、内観CGパースです。

 

 

 

背景に見える添景(庭や屏風)は、我がArch-Tliveのメンバーである田中と松井の尽力によるものです。

特に、日本庭園のリアリティは、自分たちで言うのもなんですが、まるで実写です。

私は、AutoCADを使って、建築の3Dモデリングとレンダリングを実行しました。

 

Arch-Tliveの強みのひとつ、ひとつの作品を作り上げる際に、協調し合って仕事を実行できるということです。

 

続いて、カメラアングルは違いますが、同室のグーグルストリートビューで拾った画像です。

もし、著作権上、問題があると削除要請とかあるかもしれないですが、まぁ、それまでは置いておけることでしょう。

 

建物を絡めてフリースナップ BY M.T

こんにちは。

昨日、所用で大阪の建築防災センターへ行った後、
地下鉄で帰ろうと思いつつ駅の階段を下っているとき、
そう言えばコンパクトカメラを持っていたことを思い出し、
時間もできたことなので、谷町4丁目の駅から思いのままカメラをぶら下げて歩いてみることにしました。

 

 

あまり行かない大阪の中央区周辺を御堂筋方面へ。
なかなか知らない道などを歩くと新鮮です。
普段大阪でも特定のところしか行きませんから、こんな所にこんな店が!
とか色々発見もあります。

 

 

 

適当に気になったらシャッターを押しながら糸の切れた凧のようにフラフラ~フラフラ~と。
この谷間が気になる~!!とか、、、ビルのね(笑)
何やかんや、しょちゅう立ち止まります。
傍から見たら挙動不審でなんでしょうね~(;^_^A

 

 

 

 

仕事でよく建築写真を撮ったりするもので、何かしら建物を被写体にするのが大好きです。

 

 

街を歩きながら、都会の建物を絡め、自由気ままにスナップウォーキング。

 

 

陽射しが暑い事も忘れ、気が付いたら横道それている気が。。。

 

 

 

 

ようやく梅田界隈まで・・・

 

 

あっ、、、、阪神百貨店がオープンしてる!

 

 

とか言いつつ、2時間半のウォーキング。
ちょっとした息抜きタイムの勝手にプレミアムフライデーでした。

 

今回は私自身はあまりやらないモノクロバージョンでUPしてみました。

※使用カメラ
SIGMA DP0 Quatrro

ストリートビューで見れます! By H.H.

なんと、私自身は今年初の投稿です。(汗)

 

若い頃に比べると、文章を連ねることの根気がなくなったのかと言いワケを考えてみるけど、正直なところ、日々の仕事やあれやこれやで忙殺しているだけだと思います。

あと、ちょっとしたネタもなかなか浮かばないというのもあるのでしょうね。

せっかく、WEBサイトも更新したことですので、ブログもせめて月1回は書くよう、努力してみます。

 

 

さて、そんな前置きは置いておいて、ふとストリートビューで自分の設計した建物がどう見えるか眺めてみると、なんといつの間にか建築の中にも入り込めるようになっているではありませんか!!!

これって、どうやって設定するの?

今度、園長先生に聞いておこう。(笑)

 

そのストリートビューがこれ↓

 

ご覧のように、当該敷地に小さな水色の丸が数個あります。

これは、ストリート・ビューで見ることができるという印です。

 

では、早速何箇所か覗いてみましょう。

まずはエントランス。

進行方向の矢印に沿って内部に入っていけることが分かります。

施設内部はこんな感じ。

反対方向から眺めると、こんな感じ。

園庭にも出ることができます。

どうでしたでしょうか。

皆さんも自分で設計した建築がストリート・ビューで見れるかもしれませんよ。

 

それにしても、どうやって設定するのでしょう。

ホント、気になる。。。(笑)

来年に向けて by H.H

今年も残すところ、5日になりました。

今年は、Arch-Tlive(アークトライブ)が徐々に進化してきた一年となりましたが、具体的な進化というとなかなか言葉が見つからないのが現実です。

しかし、来年はありきたりな言葉ですが、飛躍の年とします!

いずれ、当ブログでその進化の様子をご覧頂けるかと思いますが、その時までのお楽しみということで、今日は今年竣工した建築のパースをアップしておきます。

既にアップしたこともある画像もあるかと存じますが、一年を振り返る意味でまとめてご覧ください。

 

このパースは、今年、竣工した子供の施設です。

竣工写真も我がグループのメンバーが撮りました。

いずれ近い日にその写真もアップしますので、お楽しみに。

1階リビングは大きな開口と吹き抜けがあって、とても開放的です。

木をふんだんにつかったので、園庭と馴染んで大人も子供もまったりできます。

この建築の最大の特徴がこの大きなウッドデッキです。

ご覧になると分かるかと思いますが、園庭との段差にはコンクリートの階段を設けていますが、現場でウッドステップに変更され、更に安全性と木のぬくもり度がアップしています。

 

最後に建築の全景パースですが、これは私の好きなAutoCADのクラウド・レンダリングで背景は港の風景を選んでいます。

実際には普通の住宅街に建つ施設なんですが。(笑)

 

以上、去年竣工した子供支援施設でした。

設計施工は安井杢工務店です。

設計全般を協力させてもらいました。

 

では、来年も建築のため、その建築を使う人々のために頑張りますので、Arch-Tlive(アークトライブ)をご指導いただきますよう、スタッフ一同よろしくお願いいたします。

ウッドデッキがある子供の施設写真 by H.H.

Arch-Tliveの堀川です。
長かった冬も終わったかと思えば、連日4月初旬にしては暑い日々が続いていますが、皆さん体調はいかがでしょうか?

さて、本日は私が設計担当した建築の完了検査がありました。

検査は15分程度で無事完了。

 

検査終了後、写真を何点か撮ったので、それをアップしてみましょう。

 

まずは、AutoCADで作成した外観パースが↓

外観パース_子育て支援センター計画【G案】_イメージ03

そして、実際の現場で撮った写真が↓

Blog_IMG_1574

当然ながら、周りのもので建築の全景が見えないのは仕方がないですよね。

 

この建築の特徴はなんといってもウッドデッキのテラス。

例によって、AutoCADで作成したイメージパースが↓

内観パース_子育て支援センター【実施】_イメージ16

その写真が↓

Blog_IMG_1563 Blog_IMG_1564

いかがでしょうか?

背景はデフォルメしすぎ?ですが、分かりやすいですよね。

 

ウッドデッキには大きな屋根がかかっています。

Blog_IMG_1573

現在、外構工事が急ピッチで行われ、4月下旬には完成予定です。

 

以上のように、Arch-Tliveでは建築完成イメージパースを作成しています。

実際の建築が建つまでのイメージを建築主と共有しながら設計を進めていく強力なアイテムとなっています。

AutoCADの内観パースにおけるIBL by H.H.

Arch-Tliveの堀川です。

ちょっと、久々の投稿ですが、建築業界を見渡すと、築地の移転問題で話題沸騰ですね。

同じ建築業界の端くれで働くものにとって、なんともやるせない事件ですが、今はなんか書くと叩かれそうな風潮でイヤになります。

もっと、多くの見識ある良識の働いた意見が受け入れられるような世の中になってほしいものです。

 

さて、我がArch-Tliveでは、AutoCADによる3Dモデリング&レンダリングに日夜取り組んでいます。

前回に引き続き、今日は内観パースでIBLは使えるかをお話しますね。

 

結論から言いますと、もちろん使えます。

では、IBLによるレンダリング画像をご覧ください。

まずは、【プラザ】の設定でデフォルトのままレンダリングしてみます。

20160919_%e3%83%ac%e3%82%bb%e3%83%97%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%b3%e5%86%85%e8%a6%b3%e3%83%91%e3%83%bc%e3%82%b9%ef%bc%88%e3%83%97%e3%83%a9%e3%82%b6%ef%bc%89
【プラザ】・・・ヨーロッパの都市中

 

ご覧のように、室内が暗く感じます。

おそらく、現実世界でも外が明るすぎると室内はかなり暗く感じますよね。それと同じようにAutoCADのIBLによるレンダリングも実行されているようです。

もちろん、人間がこの3D空間にいるならば、ちゃんと目で露出補正して室内を見渡すので、くっきりと明るくなるのでしょうが、AutoCADのレンダリングでは露出を設定しないといけません。

そこで、AutoCADのレンダリングで設定しても構いませんが、私はAutoCADのデフォルトのままでレンダリングし、フォトショップ等のレタッチソフトで露出を調整しています。

その画像が↓の画像です。

 

20160919_%e3%83%ac%e3%82%bb%e3%83%97%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%b3%e5%86%85%e8%a6%b3%e3%83%91%e3%83%bc%e3%82%b9%ef%bc%88%e3%83%97%e3%83%a9%e3%82%b6%ef%bc%89%e3%80%90%e9%9c%b2%e5%87%ba%e8%aa%bf%e6%95%b4

【プラザ】を露出補正

 

では、その他の画像もアップしておきます。

 

20160919_%e3%83%ac%e3%82%bb%e3%83%97%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%b3%e5%86%85%e8%a6%b3%e3%83%91%e3%83%bc%e3%82%b9%ef%bc%88%e4%b9%be%e3%81%84%e3%81%9f%e6%b9%96%e5%ba%95%ef%bc%89%e3%80%90%e9%9c%b2%e5%87%ba

【乾いた湖底】・・・乾燥して干上がった湖の中

 

20160919_%e3%83%ac%e3%82%bb%e3%83%97%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%b3%e5%86%85%e8%a6%b3%e3%83%91%e3%83%bc%e3%82%b9%ef%bc%88%e7%9f%b3%e8%86%8f%e3%82%af%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%82%bf%ef%bc%89%e3%80%90%e9%9c%b2

【石膏クレータ】・・・石膏クレータ?

 

 

20160919_%e3%83%ac%e3%82%bb%e3%83%97%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%b3%e5%86%85%e8%a6%b3%e3%83%91%e3%83%bc%e3%82%b9%ef%bc%88%e9%9b%aa%e3%81%ae%e5%8e%9f%e9%87%8e%ef%bc%89%e3%80%90%e9%9c%b2%e5%87%ba%e8%aa%bf

【雪の原野】・・・まさに雪の原野です。寒っ!

 

20160919_%e3%83%ac%e3%82%bb%e3%83%97%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%b3%e5%86%85%e8%a6%b3%e3%83%91%e3%83%bc%e3%82%b9%ef%bc%88%e6%9d%91%e8%90%bd%ef%bc%89%e3%80%90%e9%9c%b2%e5%87%ba%e8%aa%bf%e6%95%b4%e3%80%91

【村落】・・・どこかの村落だそうです。

 

 

以上です。

【村落】画像は、露出を調整すると、外が明るくなりすぎてしまいました。

さて、個人的には、このIBL設定を好んで使っていますが、ちょっと変なところがありますよね。

そう、背景が実際の背景と違う問題です。

これをどう解決するか。・・・

 

そこらへん、また次回にでもレポートしますが、今日はこのへんで。

真夏の中のひととき by S.M.

こんにちは(こんばんわ?)ARCH-TLIVEの松井です。

先日、田中の記事にもあるように、先月から某P・M設計事務所様とご一緒にやらせていただいている特建調査のお仕事ですが、連日暑さの中(時には土砂降りの中)建築物のあちこちを見て回っております。

汗が滴り落ちて調査の記録を付ける図面がびしょびしょになった状態で、某ファミレスのドリンクバーでお昼に一息つけるのを待ち焦がれながら、ほぼ毎日状態やっております!

そんなこんな、過酷な状況の中でも貴重な建築物を訪れる事が出来たりする事があります。

明治時代に建てられた小学校が、現在公民館として当時のままに活用されていたり、旧名家の古民家が資料館として使われていたり(そこではNHKの朝ドラの「カーネーション」の撮影に使われていたそうです。)と普段では中々見る事の無い建物を見る機会があります。

P1000196

P1000197

P1000199

まあ、これも連日の猛暑の中で仕事のご褒美かなと思い、残暑と台風との戦いをこれからは視野に入れ、しばらく続くお仕事を頑張って行きたいと思っている、今日この頃です~!

調査三昧の日々 by M.T.

Arch-Tlive(アークトライブ)の田中です。

8月に入ってから、とある公共建築物の定期調査を行っております。
Arch-Tliveメンバー(田中&松井)、そして、日々お世話になっている、某企業Mチームさんとの協業での調査です。

詳しい事はさておき、公共建築物、または不特定多数の人が出入りする建築物の中には、
特殊建築物という建物があり、建築基準法に基づき、3年に一度の建築定期調査と、毎年の建築設備調査が義務付けられています。
その義務に基づいて、私たちは調査を行っています。

屋上や、バルコニー等の防水の劣化具合、外壁の状況、内部の躯体や、非常照明・換気の状態、外溝の不具合が無いかなど、
各施設を廻りながらの調査です。

とても暑い中、大量の汗をかきながらの調査ですが、チーム和気藹々と雑談も交えながら、仕事を遂行しております。
設計・製図・CGとはまた違った外回りメインの業務。
これもまた私たちの行う仕事の一つであります。