調査三昧の日々 by M.T.

Arch-Tlive(アークトライブ)の田中です。

8月に入ってから、とある公共建築物の定期調査を行っております。
Arch-Tliveメンバー(田中&松井)、そして、日々お世話になっている、某企業Mチームさんとの協業での調査です。

詳しい事はさておき、公共建築物、または不特定多数の人が出入りする建築物の中には、
特殊建築物という建物があり、建築基準法に基づき、3年に一度の建築定期調査と、毎年の建築設備調査が義務付けられています。
その義務に基づいて、私たちは調査を行っています。

屋上や、バルコニー等の防水の劣化具合、外壁の状況、内部の躯体や、非常照明・換気の状態、外溝の不具合が無いかなど、
各施設を廻りながらの調査です。

とても暑い中、大量の汗をかきながらの調査ですが、チーム和気藹々と雑談も交えながら、仕事を遂行しております。
設計・製図・CGとはまた違った外回りメインの業務。
これもまた私たちの行う仕事の一つであります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)